結婚相談所の選び方

【達人が伝授】結婚相談所の選び方

 

婚活しよう!と思い立ち、結婚相談所を検討する段階に入るまで、どういう過程を経てきました?私の場合はこんな感じでした。

 

婚活しよう→方法調べ→コミュ障だからパーティーはナシ→相手の顔が見えないネット婚活もナシ
→じゃあ結婚相談所を調べてみよう!

 

 

しかし、ひとくちに結婚相談所と言ってもさまざま。
大手、中小など規模はもちろん、地域密着型、JA(農協)のような特定業種型、企業の福利厚生の一環として運営されているものや、年収で会員を絞るもの…形態もいろいろありますし、コンセプトやサービスに至るまで同じところは1つもありません。

 

そんな数ある結婚相談所の中から自分に一番向いている結婚相談所を選ぶには?
ここでは結婚相談所を選ぶ上で重要な3つのポイントをご紹介。

 

結婚相談所選びはこの3つさえ押さえていれば失敗しない!
「結婚相談所、どうやって選べばいい?」「たくさんあるけど、見極め方がわからない…」そんな時のためのページです。

 

自分に向いている結婚相談所がどこか今すぐ知りたいときは…

下記のサイトがおすすめです。結婚相談所比較ネットでできることは大きく2点。

  • 10個の質問に答えるだけで自分に合った結婚相談所を診断
  • 診断結果で出た結婚相談所の資料を無料一括請求

 


>>結婚情報比較ネットで資料を一括請求してみる

 

結婚相談所の選び方を教えてくれるのは?

 

115社の婚活サービスを見てきた結婚相談所の達人・婚活実さん

ここでは当サイトのアドバイザー・婚活実(こん かつみ)さんをお招きし、結婚相談所選びで重要なポイントを聞いちゃいました!

 

婚活実さんは全国各地の婚活サービスの比較&研究が趣味というアマチュア結婚活動家。アマチュアならではのユーザー目線と年間100件を超える豊富な婚活経験(※)で、結婚相談所の見分け方を伝授!

 

※婚活パーティーへの出席・お見合い・ネット婚活経由のデートを含む。相談のための結婚相談所訪問などは数えきれないので含まず

 

婚活実さんって誰?

 

ここでいう結婚相談所とは?

ここでは便宜的に、事務所や支店があり、婚活について直接第3者に相談できるサービスを結婚相談所と呼びます。サイト登録自力探し型、相談メールのみ対応型のサービスは含みません。

 

失敗しない結婚相談所の選び方!もっとも重視すべき3ポイントとは?

大手かどうか

【達人が伝授】結婚相談所の選び方

 

結婚相談所選びに失敗しないためには、ある程度大手で知名度があるところを選ぶことが重要。
なぜなら、大手or高知名度の結婚相談所は必然的に会員数も多くなるので、口コミが早く集まり、システムが洗練されていくのが早いからです。

 

システムは、登録してそこで活動してみないことにはわかりにくいところがあるわね…。
もちろん例外はあるでしょうけど、私の経験からすると、システムの使いやすさと会計の明朗さは相談所の規模にほぼ比例するわ。

 

小さい相談所や個人でやっている相談所などは対応できる人数にどうしても限りがあるため、「多くの人が使いやすい」システムにはなりにくいのが現状。
その事務所の方針にハマる人はすぐ結婚できますが、合わなかった人は入会金が無駄になってしまうことも。

 

特に敏腕おばちゃんがやってる系の個人相談所だと、そのおばちゃんとの仲で紹介してくれる相手が違ってきたり、一度でいいから!って全然合わなそうな相手に無理やり会わせようとしてきたり…私は合わなかったわ。
入会金でバクチを打ちたくない人は大手が安パイね!

 

婚活実おすすめの大手結婚相談所

ゼクシィ縁結びカウンター

>>ゼクシィ縁結びカウンターの詳細を見てみる

 

結婚といえばゼクシィ!ってくらいだから、ネームバリューは抜群よ。
私が目をつけた当初(2015年春頃)は会員数も10000人くらいからの控えめなスタートだったけど、今や会員もどんどん増えて、婚活って検索すると絶対上位に出てくるくらいの急成長っぷり。
入会金が3万円なのも魅力的だわ。他と比べたらやっす!!!ってなるわよ。

 

>>ゼクシィ縁結びカウンターの入会金について詳しく見てみる

 

 

サービス・規約は自分の目的に合っているか

【達人が伝授】結婚相談所の選び方

 

結婚相談所でできることは、その結婚相談所によってさまざま。
年収に下限を設けているところとそうでないところ、自分の現状や出自を明確に書類で提出するところとあまり明かさなくていいところ…
相手とのマッチングだって、自分で相手を選ぶところと相談員が紹介してくれるところでは訳が違います。

 

目的を明確にすることが大切。
「相手は自分で探して、悩んだ時だけ相談にのってもらいたい」
「相手を探す段階から手伝ってもらいたい」
「異性とに付き合いに自信がないから、話し方や交際マナーから教えてほしい」
「医者を狙ってる!会員に医者が多い所がいい」
みたいに、なるべく具体的に自分の希望を決めてからそれに沿うサービスを提供しているところを探すのがいいわね。
もちろん、ここだ!って思ったところの会員規約がキビシくて入れないなんてことも私はあったけど、そうやってすり合わせていくうちに自分にぴったりのところが見つかるものよ。

 

婚活実おすすめの選び方

結婚相談所比較ネット

>>結婚情報比較ネットで資料を一括請求してみる

 

結婚相談所なんていっぱいあるし、自分に合うとこって言われてもシロウトにはわかんないわよね。だから結婚相談所比較ネットをおすすめするわ。
ここは、質問に答えるだけで自分に合う結婚相談所を診断してくれるサイトよ。しかも診断結果で出た結婚相談所の資料を送ってきれくれるの。無料で!
聞かれることは大体10個くらいかしら。生年月日と、住んでる都道府県と、相手に求める条件と…あと最終学歴とか。選択肢の中から選ぶだけだから、私が本気出せば1分もかからないわ。相手の身長にこだわる?って質問には一瞬悩んじゃったけど。
渡部(このサイトの管理人)が実際診断してみたレポがあるわよ。

結婚情報比較ネットで診断&資料を一括請求してみた!

 

相談員の教育がしっかりなされているか

【達人が伝授】結婚相談所の選び方

 

ネットのみの婚活でなく、誰かに相談できるということが結婚相談所の強み。
結婚相談所での婚活を左右するのは、いい相談員と出会えるか否かです。

 

相談員とフィーリングが合うかどうかは正直運だしピンキリよ。良い人もいれば適当な人も。でも、どうせ婚活するなら良い相談員に当たる確率が高いところに入ったほうが絶対得でしょ???
個人的には、中小や地方の相談員のほうがザツな印象。競合相手がいない分あぐらをかいちゃうのかしら。
全国規模の大手はさすがに相談員の教育が行き届いているのか、トータルケアも丁寧な印象よ。信用が大事な業界だから、口コミ悪く書かれたくないでしょうしねぇ。

 

婚活実が選ぶ、相談員の質が良い結婚相談所

パートナーエージェント

>>パートナーエージェントの詳細を見てみる

 

ここのコンシェルジュコースはすごいわ!
私もお世話になってるけど、私のとことん話を聴いてくれた上で性格を分析してくれて、それに合う異性ををマッチングしてくれるワケ。話していくうちに自分でも気づかなかった自分の特徴とか感性を発見できるし、もうほぼカウンセリングよね。

  • まだ婚活のための自己分析ができていない人
  • 今までの婚活がダメだった人
  • 異性とのお付き合いをしたことがない人

以上の人には特におすすめよ。

 

>>パートナーエージェントのコンシェルジュコースって?

 

結婚相談所の選び方まとめ

結婚相談所選びを失敗しないために特にしっかり抑えたいのはこの3点!

  • 大手かどうか
  • サービス・規約は自分の目的に合っているか
  • 相談員の教育がしっかりなされているか

 

いくら早く結婚したくても、結婚相談所選びは決して焦らず!これ私の鉄則よ。
私見だけど、この3点からブレてない子は必ずいい結婚相談所に出会って婚活成功してるわ!
だから絶対大丈夫よ。しっかりね。

 

初めてさんはもちろん、もう結婚相談所に入っているけど「なんか合わないなあ…」って子もこれらのポイントをもう一度じっくり確認してみて。

 

 

大手結婚相談所の中から自分に合った結婚相談所を診断してくれるサイトはこちら。資料請求もできます↓


>>結婚情報比較ネットで資料を一括請求してみる
近年では男性も女性も結婚相手が欲しいのに、出会えない、見つけられないと悩んでいる方が多いようです。 そんな方のために結婚相談所が数え切れないほどあります。 初めての方は、一体何をポイントにして結婚相談所を選べばよいのでしょうか。 ここでは分かりやすく成功するための選び方をご紹介していきたいと思います。 まず、結婚相談所を決める際に注意してみていただきたいことがあります。 ①ある程度大手であること。 これは潰れてしまっては、費用も無駄になってしまうこともありますが、登録している異性の人数が大手になればなるほど多いためです。より良い相手と出会う確率が高くなります。ある程度どのぐらいの人が登録されているのかは、ネットでも確認できる場合がありますので予め確認しておくことが大切です。 ②分かりやすい料金体系であるかどうか。 これは最初に相談に行った時に詳しく聞いてみてください。 後から「追加料金がかかります。」なんて言われないように、最初にきちんと聞いておくことが大切です。 あまりにも分かりにくい設定になっている場合は、少し考え直した方がよいかもしれません。 相手を見つけた際に高額な成婚料を取られてしまうこともありますので、成婚料についても確認しておいてください。 ③どのような紹介の形をとっている会社なのか確認する。 相手を見つける際に、幾つかの方法があります。 まずは、「パーティー」などに参加して、その中から気になる相手を見つける方法です。 ここではある程度勇気を出して話をする必要がありますが、参加してみると普段では出会うことができない職種の方に出会えたり、新しい出会いが一気に増えるチャンスでもあります。 次に、「データ」からマッチする相手を見つける方法です。相談所に登録しているデータから相性の良い相手を紹介されます。なので、相談所で自分のプロフィールを登録する際は決して嘘のないようにしてください。 次に「仲人」となる人が仲介してくれる方法です。自分で出会うことが面倒な方は仲介人に任せて、合いそうな人を見つけてもらう方法です。仲介人に別途料金がかかる場合がありますので、確認が必要です。 このように会社によって、紹介方法が違うので、自分にはどの方法が合うのかをしっかりと考えなければなりません。 もちろん方法によっては、さらに料金が加担される場合がありますので注意が必要です。 選び方を間違えてしまうと、高額な料金がかかってしまう場合がありますので、必ず直接アドバイザーの方に相談することが必要です。

【達人が伝授】結婚相談所の選び方関連ページ