街コンで安い参加費で素敵な人と出会うためのポイント

参加費が安い街コンで出会いってあるの?

参加費が安い街コンって実際どうなのでしょう。異性との出会いは本当にあるのでしょうか。尋ねる人によって、良かったり悪かったり言うことが違う!と巷のうわさに振り回されていませんか?興味はあるし、出会いを求めているのにどうすればよいかわからずに困っていませんか?街コンがどんなもので、どんな街コンに参加すればよいか知っていれば、行ってがっかりすることもありません。街コンとはいったい何なのか、安い街コンに出会いはあるのか、そのメリットとデメリットはどうなのか、また実際行った人のリアルな体験談が聞きたいと思っているあなたのために、安い街コンについてまとめてみました。あなたの素敵な出逢いにお役立てください!

 

街コンとは?街コンの出会いとは?

街コンとは、宇都宮市発祥の街ぐるみの合コンイベントで、規模は100~3千人ほどまであります。友達同士で気軽に参加できるように、同性2名以上1組で参加するタイプが多いです。開催地区の複数の飲食店を会場として、一定料金を払い2~4時間の制限時間内で指定されたお店を移動しながら、完全着席型や自由に相席になった異性と出会って会話するシステムになっています。合コンパーティーやお見合いパーティーとの大きな違いは、たくさんの異性と知り合う機会が多いところです。また、小規模な街コンをプチ街コンといい、これは1店舗やブースや個室などで合コンパーティーのように少人数で行う街コンです。街コンをどのようなものか理解することで、参加の仕方、行動のとり方も変わってくると思います。その辺りも踏まえないと、ただ参加してお店を回って飲んで騒ぐだけで収穫がなかったということになりかねません。街コンが提供するのは、恋活としての出会いの場と出会うチャンスです。第一印象や会話して気が合いそうな人とは、メアドやLineなどの連絡先を積極的に交換して、後日連絡をとれるようにします。まずはお友達から!」というスタンスの出会いにするのがコツで、婚活というより恋活に近いと思いましょう。そして連絡を取り合って2人~グループで食事やBBQなどのイベントやデートをして、性格や相性を確認していき、今後のお付き合いの仕方を考えるようにします。

 

参加費が安い街コンのメリット・デメリットとは

街コンがどんなものかを良く知り、参加費の安い街コンのメリット・デメリットも踏まえて参加することで、魅力的な人と出会う確率も高まるでしょう!

 

【メリット】

■とにかくたくさん異性と出会うチャンスが多い
■積極的になれば、結構連絡先を手に入れられる。
■若い女子でも気軽に参加できる
■恋愛経験の少ない人は、異性と出会い話す練習、慣れる場にできる
■身近にいない、様々な人たちと知り合える
■結婚前提を考慮せず気軽に異性の知り合いを作れる
■自分たちのタイミングで席替えできる
■参加費の負担が少なく色々な街コンに参加しやすい
■美味と評判の興味のあった飲食店を食べ飲み放題で気軽に食べ歩きできる
■合コンと違って幹事に負担がない

 

【デメリット】

■結婚前提のお付き合いを考えている人には不向き
■人気の街コンは残りわずかや満席になり早々に受付終了しキャンセル待ちになる
■参加費が安すぎると異性への本気度が落ちる
■ドタキャンする率が高くなる
■参加費が高め設定の街コンは対象年齢が高い
■主催者が進行や参加者を気遣うことがないため、積極性が必須
■たまに邪な考えの参加者や独身じゃない人がいる

 

 

安い参加費の街コンに行った人のリアルな体験談

それでは実際、参加費の安い街コンに行った人は、どんな体験や感想を持ったか調べてみました。行く人の街コンへの期待度や心構え、街コンのイベント内容で印象は大きく変わるものです。ある個人的な感想として参考にしましょう!
【行ってよかったという体験談】
・私も同年代中心の街コンに何度かいきましたが、人数が多くて絶対楽しいです!!
・連絡先交換はかなりの量があるし、カップル成立率も高かった。
・年齢などは趣味によってはばらつきがありますが、自分と同じくらいの年齢の方とは特に仲良くなりやすいと感じました。
【あまりよくなかったという体験談】
・街コンは婚活パーティーというよりは大きな飲み会だった。
・雨が降ったらドタキャンが多かった。
・人数が集まらずスタッフの話を聞いて終了だった。
・当たりの街コンはだいたい5回に1回

 

 

あなたが参加する街コンの地域別の相場は?

街コンの相場について調べてみます。街コンの参加費用の相場は地域別に少し違います。あなたのお住まいのエリアで開催される街コンの参加費が安いか高いかの目安として、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の5都市の相場を調べてみました。西日本が安く東日本が高めで、開催日が仕事帰りの平日夜やランチコンの街コンもあり、これらは参加費用が安いです。また、同世代、職業、趣味限定など参加条件や企画のある街コン特集は、参加費用が大きく変わってきます。あくまで参考の相場と考えて、参加する時は参加費用だけでなくイベント内容をよく見て決めましょう!
◎街コン全国平均相場 男性 4000~7500円  女性3000円~5000円
・東京都
男性6800円ほど 女性2700円ほど
・大阪
男性6100円ほど 女性3400円ほど
・名古屋
男性7100円ほど  女性2600円
・福岡
男性5700円ほど  女性3300円ほど
・札幌
男性 6200円ほど 女性2700円ほど
【情報:街コンデータ|街コンまとめより】

 

 

安い街コンは大丈夫?悪徳街コンの調べ方を伝授!

街コンの参加費が安いから怪しい、悪徳業者だ!と直ぐに決めつけるのは早すぎます。ここで、街コン業者が優良か悪徳か調べる方法を伝授します。街コンの参加を決める前によく確認しましょう!
【こんな開催業者を選ぼう!】
■開催業者名をはっきり表に出している
■街コンを常に開催しているような有名、大手の業者が開催
■自治体主催の街コンを探してみる
■前払いやチケット購入が不安な人は当日払いの街コンを探すのもあり
【こんなところは悪徳街コンかも!】
■開催業者名がよくわからない
■開催予定の会場店舗をサイトで確認すると複数店舗ではない
■開催業者の連絡先に固定電話がなく携帯のみ。企業じゃなく個人開催かも
■会場の店舗数や現在の予約状況を電話で問い合わせると返答を濁す
■怪しい業者で参加費が前払いのときは持ち逃げされる危険もある
■いくら女性が安いとはいえ無料は女性がサクラか食事目当てが多い
【不安に思ったときの対処法】
■電話で直接問い合わせをする
■開催している業者名を検索してみて過去に悪い噂や痕跡がないか確認する。

■過去開催の街コンの口コミをSNSなどネットで検索する

 

 

街コンで安い参加費でも素敵な人と出会うための大切なポイント

参加費の安い街コンで素敵な人と出会うために抑えるべきポイントとは?
◎街コンがどんなものか知って街コンでの出会いを発展させる
婚活パーティーやお見合いパーティーとは違います。まずはお友達からというスタンスで連絡先を交換して付き合いを広げ徐々に深めます。
◎街コンのメリット・デメリットを理解する
メリット・デメリットを理解すれば失敗が少ないです。
◎こんな街コンに参加する
悪徳業者を見分け優良な街コンに参加することが大切です。
◎街コンの安いか高いか相場を知る
街コンの内容や参加費用によって参加者層を見抜きましょう。以上のことに気を付ければ、街コンで安い参加費でも素敵な人と出会うチャンスを引き寄せることができます。あなたの素敵な出会いを応援しています!

 

 

なぜ街コンの女性参加料金は安いの?

 

どの街コンも通常男性の参加料金が高く、女性が安くなっています。この街コンの参加料金についてよく耳にする疑問が、女性の参加料金が安く男性が高い設定なのはなぜかということです。その理由は、収入格差と参加人数にあります。まずは収入格差について、同年代の男女での収入格差は次のようになっています。

 

20~24歳 平均年収差 33万円
25~29歳 平均年収差 81万円
30~34歳 平均年収差 145万円
35~39歳 平均年収差 209万円
40~44歳 平均年収差 274万円
【引用 国税庁平成26年分民間給与実態統計調査結果概要より抜粋】

 

次に参加人数について、女性は参加料金を安くしても集まりにくく男性のキャンセル待ちが多いのが現状です。参加者の男女比が1対1に近づけるために、女性の参加料金が安く設定されます。また、業者の手数料も男性の参加料金に入っています。これらが女性の参加料金が安い理由です。参加料金の格差は平等ではありませんが、ある意味公平といえます。

 

 

安い街コン参加層は20代中心や学生ばかり?

街コンはアルコールが提供されるので、お酒が飲める大人が参加条件の基本です。でも、20歳以上といっても上はどのくらいまでか、どの年代層が多いのか、またどんな職業の人が集まるのか気になりますよね。そこで街コンに参加する人は、どんな職業の人で、どの年齢層が多いのか調べてみました。街コンに参加する人の職業は、学生、サラリーマンやOL、医療関係から美容・服飾関係まで実にさまざまです。今まで身近にいなかった職業の人と知り合い、交友関係を広げることができるのも街コンのいいところです。また、同じ学生のお相手を探していたり、社会人限定でお相手を探したりする時は、職業を絞った街コンも開催されていますので、そういう街コンに参加しましょう!ほとんどの街コンは、通常対象年齢を幅広く募集しています。地域性もあり、地方より都心の方が低くなるので一概にはいえませんが、大体20歳~40歳位の参加者が多く、中でも20代後半から35歳位が大多数を占めていて40代以上は少なくなります。ただ、参加費があまりにも安い設定だと年齢もぐっと下がり20代前半がメインになるでしょう。ですが、小規模だったり、対象年齢が限定だったり、職業や趣味を特徴に募集する街コンイベントもありますので、内容により対象年齢もまちまちです。開催会場の場所やイベント内容を細かく確認することで、集まる年齢層が事前にわかります。

街コンで安い参加費で素敵な人と出会うためのポイント関連ページ

ゼクシィ縁結びパーティー
ゼクシィ縁結びパーティー
アラサー女性が知っておきたい婚活パーティー事情
今回は、婚活パーティーの流れや費用、地域別アラサー限定の婚活パーティや、読むと勇気が出そうなアラサー婚活ブログなどをご紹介します。婚活パーティーに興味があるアラサー女性は、ぜひ参考にしてください。
街コンで安い参加費で素敵な人と出会うためのポイント
安い街コンに出会いはあるのか、そのメリットとデメリットはどうなのか、また実際行った人のリアルな体験談が聞きたいと思っているあなたのために、安い街コンについてまとめてみました。あなたの素敵な出逢いにお役立てください!