omiaiと他の婚活と恋活のアプリの会員数を比較!

omiaiの会員数はどのくらいか?男女比や年齢層はどうなっているのか?


omiaiの会員数は他の婚活や恋活などのアプリに比べて多いだけでなく、会員の数が増えてきています。
omiaiにはどのような会員が登録されているのか、男女比や年齢層、加えて外国人の登録状況などについて、解説していきます。

 

 

 

omiaiとはなにか?

omiai(オミアイ)とはマッチングアプリのひとつです。
運営者が株式会社ネットマーケティングという会社となっています。
名前からして、婚活サイトなのかと思われる人は多いかもしれませんが、実は恋活サイトです。
とはいえ、実際にomiaiで出会ったカップルが結婚に至ったという前例もあります。
特徴は多くありますが、気になる点をいくつかあげて、簡潔的ですが解説していきます。

 

・Facebook認証システムを採用
omiaiに登録するにはFacebookが必要です。
Facebookを使う必要があるのかというと、年齢を確認するために必要なことだからです。
Facebook認証システムを採用したことにより、年齢を偽って登録することができないようになっています。

 

・友達にバレないうえに安全
プロフィール写真の投稿やメッセージの送信と返信、Facebookに表示されることはありませんが、新規に登録した場合は直前に設定を確認することが大切です。
設定次第でFacebookに表示されることがあるからです。
メッセージ交換については、年齢認証が通った人だけが可能となります。

 

・セキュリティは万全
omiaiのセキュリティは徹底しているので、サクラや業者や詐欺師が潜んでいる可能性は低いです。
仮に潜んでも強制退会などがあるので、真剣かつ真面目に恋愛して恋人を見つけようとしている人にとってはありがたいことです。
安心安全に利用できるのが、その理由のひとつでもあります。

 

・料金システムが男女一緒
月額制でもあるのですが、ペアーズやタップル誕生など、一部を除いて男性が有料で女性が無料となっています。
しかし、omiaiの料金システムは男性だけでなく女性も料金がかかってしまいます。
お金を払ってまで異性と出会いたいというのは男女一緒です。

 

 

 

omiaiの会員数はどれくらいいるのだろうか

omiaiの現在(2017年6月時点)の会員数は、男性が87万5779人、女性が34万7786人となります。
日本全国の会員を合わせています。
人が多く集まるようなところに集中しており、その中でも東京都が圧倒的に集中しています。
全国各地の都市部などでも集中しているので、都市部に住んでいる人ほど出会いやすいと考えられます。

 

地方在住の方向けの婚活アプリはこちらをチェック♪

地方在住で出会いがないなら今すぐ婚活アプリをはじめよう!

 

他のマッチングアプリと比較してみると?

ペアーズ、ゼクシィ縁結び、マッチドットコムの会員数を比較して説明する前に、この3つのマッチングアプリについて、簡潔ですが解説します。
ペアーズは恋活・婚活に向いているマッチングサービスで、累計数570万人突破しています。
ゼクシィ縁結びは婚活サイトで、結婚に関するサポートが徹底しています。
彼氏彼女が目的であればゼクシィ恋結びを利用します。
会員数は全国で、男性と女性それぞれ約7万人とされています。

 

ちなみに、ゼクシィ縁結びカウンターと呼ばれる結婚相談所があり、その会員数は約1万人となっています。
マッチドットコムは、世界最大級の恋愛・結婚のマッチングサイトで、日本のみならず海外に展開しています。
正確な会員数は不明ですが、日本だけでも200万人とされており、海外の会員を含めると、かなり行くと考えられます。
現在の会員数は2017年6月時点となっているので、日々の変動があります。

 

・安全性はどう?
3つあげたマッチングアプリは、すべて月額制となっており、ペアーズの場合はオプションなどを除いて女性は無料となっていますが、ゼクシィ縁結びとマッチドットコムは男性だけでなく女性も有料となっています。
安全性については、セキュリティ対策はマッチングアプリによって異なりますが、万全を期しているので、サクラなどが潜んでいる可能性は低いと考えられます。

 

 

 

地方でも出会える可能性はあるのか

国土交通省によれば、地方の定義は三大都市圏(東京圏と関西圏と名古屋圏)以外の都市圏となっています。
とはいえ、地方の意味もさまざまです。
わかりやすく例えるなら、人口があまり集中していない田舎でもあります。
地方でも出会えないことはありませんが、出会える確率は低いといっても過言ではありません。

 

その理由は、先ほど申したように人口があまり集中していないことがあげられます。
あるレビューによれば、婚活と恋活のマッチングアプリに登録している地方のユーザーが少ないとのことです。

 

しかし、月額制はかかるがポイントといった概念が存在しません。
何人か登録しているので、何人かに声をかけてメッセージのやり取りを続けることが、出会えるコツだといえます。
人を集めるだけに労力が必要とする合コンよりは効率がいいと考えられます。

 

 

 

omiaiでどのような人と出会えるのかを調べてみた!

利用者の年齢層について


都内にいる18~24歳の会員に限定して男女比率をまとめてみると、男性が903人で女性が2,695人になっています。
なお、25~29歳になると、男女とも多すぎて測定不可という結果になっており、20代後半になると、恋愛を意識して相手を探すという人が増えてきています。

 

全体を比較すると圧倒的に男性が多いのですが、18~24歳に限定すると女性が多いと感じられます。
サクラや業者や詐欺師などが潜んでいる可能性が低いだけあって、10~20代の間でも評判が高く、18歳の誕生日を過ぎた高校生でも、ユーザー登録して異性を探しているというケースもあります。

 

 

会員の中に外国人はいるか

omiaiの詳細プロフィールの中に、国籍と使用言語などが含まれます。

 

実は日本人だけでなく、日本に在住している外国人も登録されていることがあります。
登録されている外国人の数は、女性だと約500人(2017年6月時点)とされており、少ないのが現状です。
外国人男性については、正確な会員の数は不明ですが、登録されているのは間違いないといえます。
どこの国籍が多いのかと比較してみますと、中国や韓国や台湾といったアジア圏だと約70%、米国など欧米圏だと約20%、それ以外の国だと約10%となります。
やはり、日本から近いアジア圏などが多い傾向にあります。

 

 

高学歴な男性は登録されているのか

まずは高学歴について説明します。
高学歴といっても定義は様々で、高度な学問を修得したという意味があれば、東京大学や早稲田大学といった偏差値の高い大学を卒業した人という意味もあります。
高学歴な男性は高収入の職種に就いていることに期待が見込めるので、女性は注目されることが多いです。

 

しかし、高学歴を隠したがるという人が意外と多いとされています。
考えられる理由を次にあげて、解説していきます。

 

・自分を見てくれない
日本の女性は堅実で、男性のお金と学歴と地位などに関してシビアな人が多いのが現状です。
たしかに、安定した収入がなければ生活ができないうえに、働いている社会人の女性の場合だと、妊娠すると産休をとらなければなりません。
子供を産んで育児に専念すると、会社復帰はしばらく望めず、その間に収入がゼロになるというリスクがあります。
女性が安定した収入を得ている男性を求めるのも無理はありません。

 

とくに出会いを求めて結婚を急いでいるアラサーやアラフォーなどの女性だとなおさらです。
男性側からしたら、自分ではなく自分の収入と学歴などしかみてないのかと思われがちです。
中には理解して割り切っている男性もいないわけではありません。
だからこそ、自分を見てくれるのかそうではないのかと見分けるために、あえて隠している、または中卒とか高卒と偽ってプロフィールに記載している人もいます。

 

・安定かつ高収入に期待できる職種しか見ていない
高学歴とは少し脱線しますが、関係があります。
安定かつ高収入に期待できる職種といえば、公務員、医者、飛行機のパイロット、大企業経営者、プロ野球選手やJリーガーなどさまざまです。

 

年収1000万円を超えるサラリーマンもいて、その他に投資などによって莫大な利益をあげている人もいます。
安定性のある高い収入は学歴に関係ないといえますが、就職するのに必要なものでもあります。
話を戻しますが、職種と収入によって女性からの評価が高くなる一方、職種しか見てない女性もいます。
そのため、プロフィールに職種を隠す男性が多いといえます。

 

 

 

イケメンが多いのか?

口コミによれば、正確な数は不明なもの、イケメンが多いとのことです。
写真掲載率も高いので、イケメンとの出会いに期待が見込めます。
しかし、イケメンが多いということは、ライバルとなる女性が多くなる可能性があるということですが、外見重視に選んでしまう傾向にあるのがデメリットのひとつでもあります。

 

 

 

omiaiの会員数についてのまとめ

omiaiの会員の多くが男性です。
会員の年齢層をまとめてみると、10~20代が多く登録されています。
他のマッチングアプリと比べると多いほうですが、ペアーズの会員登録数には劣ります。

 

しかし、両方使っている人もいます。
出会いやすい場所は都市など人が集まりやすいところですが、地方でも出会えないことはありません。
外国人も登録されているので、外国人の異性を探すことも可能ですが、登録者数は少ないのが現状です。
出会いに会員の数は関係ないので、出会った以上は真剣かつ真面目に交際することが大切です。

 

 

 

omiaiのプロフィール写真の選び方も重視しよう

omiaiにはメイン写真1枚とサブ写真3枚と、それぞれ投稿することができますが、実はプロフィール写真だけで攻略できるといっても過言ではありません。
なぜなら、イケメンや可愛いといった容姿端麗の写真を選ぶ傾向にあるからです。

 

選び方の前に自分磨きをすることが大切です。
可能であれば、歯科クリニックなどで歯をホワイトニングして真っ白にしましょう。
歯の白さだけで第一印象が決まるとされているからです。
容姿に自信がない場合は、ダイエットなどにチャレンジして、引き締めたい部分を引き締めるようにします。

 

やはり、容姿端麗ではない人は避けられることが多いと考えられるからです。
プロフィール写真の選び方について話を戻りますが、メイン写真は履歴書に使うような普通の顔写真で問題ありませんが、笑顔のほうが異性は反応すると思われます。
サブ写真は顔写真だけでなく全身写真を投稿することが可能です。

 

やはり顔だけでなく全身もみたいという人は多くいます。
笑顔の写真と全身写真を両方投稿することで、反応する人が多くなるでしょう。
ちなみに全身写真を投稿する際の服装は、ファッション性はそれなりにあってもよいのですが、やはり清潔感を感じさせられるような服装が好ましいです。

omiaiと他の婚活と恋活のアプリの会員数を比較!関連ページ

omiaiの有料会員にならないと出来ないこととは?omiaiの会員システムについて徹底解説
Facebook連携の婚活アプリであるOmiai。この記事ではこうしたオミアイの会員制度について徹底解説、これからオミアイを始める際に役立つ情報を紹介していきます。
omiaiを利用していることが友だちに知られてしまうことがある?対策法とは?
マッチングアプリのOmiaiは、利用していることがバれバレるのが不安でこれまではマッチングアプリを使わなかったという人も、この記事を読めば考えが変わるかもしれません。
omiaiにもサクラはいる?サクラや業者の見分け方を徹底解説
サクラの見分け方のコツをマスターしないでomiaiを始めとしたマッチングアプリを利用するのは危険でもあります。この記事ではこうしたomiaiに潜むサクラや業者について徹底的にまとめておきましたから、真剣にomiaiで交際がしたい人やサクラや業者に過去に騙されたという人は読んでみてください。
omiaiと他の婚活と恋活のアプリの会員数を比較!
omiaiの会員数は他の婚活や恋活などのアプリに比べて多いだけでなく、会員の数が増えてきています。omiaiにはどのような会員が登録されているのか、男女比や年齢層、加えて外国人の登録状況などについて、解説していきます。
omiai年齢詐称はあるのか?年齢確認が必須な訳・まとめ
婚活アプリOmiaiの年齢層や、年齢確認、年齢確認が必要な理由を説明します。年齢確認方法も説明しますので、これからOmiaiを利用しようかと考えている人は要チェックです!
omiaiは10代でも利用できるが実際の評判とは?
omiaiは本気の婚活より恋活に向いています。年齢層については、30代とか40代などの利用者もいますが、10~20代のほうが多いとされており、彼らからの評価も高いです。なぜ10~20代が多いのか、omiaiは他とはどう違うのかなどについて、解説します。